<< ひきこも 雨粒 >>

きよしちゃん

矢野顕子がこのタイトルで、忌野清志郎を語る歌があるんだけど、いい歌だね、優しいね。とひたすら繰り返すんですね。

私は清志郎さんの歌、ちゃんと聞いたことなかったんです。
国立にある多摩蘭坂が清志郎さんの曲に歌われ、その為にひらがなだった地名も曲に習い、当て字に変わったそうで。
そんなことを最近知ったのですが、youtubeで幾つか曲を聞いてみたら、こんな歌も見つけました。
http://www.youtube.com/watch?v=eMKHDdmM0KE
『ぼくの自転車の後ろに乗りなよ』
ってタイトル通り、彼女と大学通りを走ったり、南口に行ったりするわけです。


この曲と、『多摩蘭坂』がお気に入りになりました。
素直な歌詞がすっと入ってきて、優しい気持ちになります。
国立はホント自転車が似合う街で、風を切って木々を眺めながら走るのが気持ちいいんですね〜

清志郎さんが住んでいた多摩蘭坂は聖地となって、あれ以来多くのファンが訪れているようです。


c0115962_165838100.jpg
[PR]
by nao566n | 2009-05-14 17:20 | 国立
<< ひきこも 雨粒 >>